catfishの家

マンション生活は充実

rainbow

マンション生活は充実、部署も上手くいっていれば・・。

近くに社員がまとまって住んでいるから、部屋はよくインターホンが鳴ります。
上の階も横の部屋も同じ会社の社員が住んでおり、先輩や後輩になります。

その中で同じ歳の社員とは仲がよかったため、ほとんど毎日のように夜は酒を飲んだりなどしながら過ごすことになっています。
そのほかの社員ともたびたび交流があり、同じく酒を飲んだりして過ごすことになります。

こういう暮らしもなかなかよかったし、毎晩が楽しみで充実した毎日です。
面白いユニークな社員がそろっていたから、飽きもしないし、充実の日々です。

ただ、会社のほうは部署には不満があって、通勤するのは億劫になります。
プライベートで利用しているマンションのほうは充実です。

これで会社の部署のほうも上手く歯車があっていれば、何も言うことなしですが、残念なことに部署のほうはいつもいまいち、そこで蓄積した不満をマンションに帰って同僚との交流でストレス解消するという繰り返しになります。

マンション売却の際には、不動産会社の選択も大切

マンションを売却する場合には、不動産会社の選択が大切だと言われています。
また、不動産会社を決めた後も、担当者との情報交換は必須です。

中古物件を売却する場合、いつまでたってもなかなか売れないこともあります。
そのような時に、担当者と話し合い、例えば販売戦略を変更するなどの対策が必要になります。

売れない場合、普通は不動産会社の方から提案があるはずです。
そこでいきなり価格を下げるとなった場合は、あまり信頼出来ない会社かもしれません。

価格を下げるということは、シンプルな戦略ですが、それ以前にすべきことがたくさんあります。
いきなり価格を下げるというのは、売却のための工夫をしないことと同じです。

このようなポイントに注目して、不動産業者や担当者の質を見極めましょう。
不動産業者を選ぶ時点でできることもたくさんあります。

例えば、最近の中古物件の扱いは、インターネットを中心に行われます。
そこで、業者が有名なポータルサイト、あるいは不動産関連のサイトとどれくらい網羅しているかを見ましょう。

不動産会社のホームページを見てもいいですし、有名サイトから適当に物件を探していき、よく目にする業者を選択してもいいでしょう。
あるいは、買い手になったつもりで、不動産業者のサービスが優れているかどうか、信頼できるか、見極めてみましょう。

優れた業者や担当者は、早い段階で販売戦略について話し合いをしてくれます。
また、定期的に連絡をするものです。

そして、あくまで最期の手段として値下げがあるということを忘れないようにしましょう。
最初に決めた金額は適正価格であり、上手に買い手を見つければ売却のチャンスはあるものです。
関連:マンション売却 | すぐに売却相場を知ってマンションを高く売るには

いきなり価格を問題にするのは、ちょっとおかしいということがすぐにわかります。

中古マンションがおススメ

 マンションを購入するとき多くの人が新築マンションをほしがります。
特に女性は新築マンションが好きだと思います。

しかしおススメなのは断然中古マンションです。
 新築マンションはディベロッパーが価格を決めているため、プレミアムがついています。

しかし中古物件は完全に需要と供給のバランスで値段が決まりますので、新築に比べてかなりお得に購入できます。
なので中古物件ばかりを購入して不動産投資を行っている人って結構います。

 中古マンションはある程度値段が下がると、そこからなかなか値段が下がりにくくなる傾向があります。
このような傾向が顕著な地域の物件を探して購入すれば、お得にマンションを購入できると思います。

 分譲か賃貸か、という議論が良く展開されていますが、良い中古物件と賃貸を比べると圧倒的に中古物件のほうがお得だと思います。
 ネットなどでお目当ての地域の相場を日ごろから把握しておくことが重要だと思います。

良い物件はすぐに買い手が見つかりますから。